(広告あり)【2021年7月更新】電気圧力鍋の選び方とおすすめ3選【時短家電】

圧力鍋は短い時間で調理ができるけど、目を離せないことが難点。その点、電気圧力鍋は、加熱や圧力のコントロールを自動で行ってくれるため、失敗が少なく、忙しい中での料理でも安心だよ。

この記事では、電気圧力鍋を選ぶときの大切なポイントをまとめました。メリット、デメリットや、記事最後にはこれらを踏まえたお勧めの商品紹介します。

1.電気圧力鍋メリット・デメリット

お勧めの電気圧力鍋の紹介前にまずは電気圧力鍋について、強みと弱みを説明するよ。圧力鍋と比べてどんなメリットやデメリットがあるか考えると便利さがより身近に感じられると思うよ。

電気圧力鍋を購入・利用する前にメリットとデメリットをしっかり理解することが大切です。
何を解決するために買ったのか、この点に気を付ける、というように参考にして貰えたら嬉しいです。

1.1 メリット

メリットについて確認していきましょう。困っていることが解決できるかを中心に見ていくと購入後の利用イメージが明確になると思います。

・圧力鍋に比べて静か、放置できる。
⇒圧力鍋と比べると蒸気を漏らす音が少なく、熱し過ぎるなどの危険もないため、子供が小さくて、火加減を見ていらなれない主婦の方にもお勧めできます。

・時短調理が可能。
⇒通常の鍋に比べて調理時間が短く、光熱費の節約につながることがあげられます。

・コンロを使わない
⇒コンロを使用せず、調理もボタンを押して放置となるため、同時に調理できるおかずが一品増えます。

・温度と時間を設定するだけの簡単調理。
調理時間や温度を設定して、ボタンを押すだけだから、適切な設定をすれば、失敗はする可能性は低いです。

1.2 デメリット

デメリットについて確認していきましょう。購入時にどうしても対応が必要になるこや知っておかなければならないことです。

対応可能であれば、デメリットにならない可能性もあります。

・キッチンスペースに占める割合が大きい。
⇒スペースが十分にあれば問題ないですが、狭い調理スペースだと置き場所がなくて、使わないときは邪魔になる可能性があります。

自分はオーブンレンジと同じ金属ラックの別の段においています。

・調理時間が割と長い
予熱、加圧、減圧の時間がある。この中で電気圧力鍋の調理時間というのは加圧時間を指すことが多いイメージです。そのため、設定した調理時間(加圧)が短くても工程を経るために思ったよりも調理時間が長いと感じることもあります。。

・炊飯器と役割がかぶる
⇒炊飯、煮込みという部分では役割が被ります。相違点はあり、電気圧力鍋は炊飯器では長時間かかる調理でも高圧力を利用して短時間で調理できます

・電源が必須
調理スペース周りにさらに電源を必要とする器具です。電源の取り合いになるキッチン周りの電源の取り合いになります。

2.購入時に確認したい項目

2.1 容量

調理器具は大は小を兼ねないので、適切な大きさ選びが必要です。

一番多く売られているゾーンは3Lが多いね。これはだいたい2-3人用だよ。イメージだと、人数とおなじか+1Lで考えると大きな失敗はしないと思います。

また、調理スペースの問題が出てくるから、置くスペースとの見合いの部分です。もう一度言書きますが、調理器具は大は小を兼ねません。

2.2 消費電力

使用電力はメーカーやサイズによって異なり、中には1000W以上の高い消費電力を持つものもあります。キッチンで利用する際の注目点として、電気圧力鍋だけの消費電力だけでなく、炊飯器などの他の調理家電と平行して何が利用できるかを事前に検討して購入する必要があります。

2.3 蓋の取り外し可否

電気圧力鍋の蓋は「取り外しができない」プッシュ式と「取り外し可能な」スライド式の2種類があります。プッシュ式は、清掃が面倒な部分もありますが、片手で簡単に開け閉めできるので、調理時には重宝します。

一方のスライド式は、蓋を取り外せるので清掃が簡単です。しかしながら、鍋蓋はそれなりの重さがあることと、置く場所確保しないといけないなどの事前の準備が必要です。

2.4 加熱方式

電気圧力鍋の加熱方式に「マイコン式」と「IH式」の2種類があります。

違いは、ヒーターの構造です。

「マイコン式」は、底部の電熱ヒーターで加熱するため、鍋全体を加熱する「IH式」に比べて、加熱むらが大きいのが難点です。

「IH式」は底部、側面で加熱するタイプが多く、内鍋全体を加熱するため、予熱の時間が短くなる半面、消費電力も大きくなります。消費電力の候でも書きましたが、調理家電全体の電力量を考えながら、どちらが良いか考えましょう

3.おすすめの電気圧力鍋3選

個人的におすすめの電気圧力鍋を紹介します。

 1位2位3位
    
メーカー‎パナソニック‎シロカ‎ティファール
型番‎SR-MP300-KSP-4D151‎CY3508JP
本体サイズ29.2×27.8×27.0cm 26.5 ×28.2 ×28.3cm26×28.5×28.3cm
内容量(リットル)‎満水容量:3L
(調理容量:2L)
‎満水容量:4L
(調理容量:2.6L)
‎満水容量:3L
(調理容量:2L)
ワット数(W)‎700 W800W700W
商品重量‎3.6 キログラム4.4 kg4.2kg
コード長1.0m1.0m1.5m
取り外し可能取り外し可能取り外し可能

パナソニック 電気圧力鍋 3L 温度過昇防止機能 ほったらかし SR-MP300-K

パナソニックのSR-MP300-Kは1台4役。自動調理はもちろん「圧力調理」「無水調理」「低温調理」が出来ます。セットしたらほったらかしOK!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91wFXjeYO7S.AC_SL1500.jpg

・豊富な自動調理はもちろん「圧力調理」「無水調理」「低温調理」が可能

「低温調理」は、70℃または80℃の温度「無水調理」は1.2気圧、105℃以上の温度で調理が行われます。

・自動調理は、「カレー」「肉じゃが」「角煮」「ヘルシースープ」「玄米」「黒豆」「甘酒」の7種類。

圧力調理は最大60分、それ以外の調理は最大200分まで設定可能です。

・保温機能付きです。調理が終わった後、自動的に保温状態になります。

シロカ 電気圧力鍋 SP-4D151 [大容量4Lモデル/高圧力90Kpa/1台5役]

圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理、温め直しの1台5役の電気圧力鍋。家族4人でも十分な大きさのたっぷり作れる大容量4リットルタイプです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711OboiadWL.AC_SL1500.jpg

10種類(無水カレー、カレー、肉じゃが、豚の角煮、いわし煮、ポトフ、白米、玄米、おかゆ、野菜)のメニューがプリセットされているので、ボタンを押すだけで自動調理が可能。

沸騰させずじっくりコトコト煮込む「スロー調理」が可能です

・「圧力調理モード」では、 1~60秒までの細やかな時間設定に加え、1~60分まで自由に時間を設定可能です。

・保温機能付きです。調理が終わった後、自動的に保温状態になります。

ティファール 電気圧力鍋 ラクラ・クッカー コンパクト ブラックCY3508JP

調理器具の売上シェア世界No1!のフランス生まれのティファールの電気圧力鍋。5種類の調理モード、2種類の炊飯モードなど、多彩な調理モードが特徴です。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81PKNEtNYcL.AC_SL1500.jpg

圧力調理・蒸す・煮る・炒める・低温調理の5つの調理モードがあります。

・自動調理機能は人気のカレー・角煮・肉じゃがの3種類。

・62度のゴールデンアングルを2か所に施した球状の鍋なので、熱ムラなく、美味しく仕上がります。

・保温機能付きです。調理が終わった後、自動的に保温状態になります。

4.まとめ

電気圧力鍋のメリットとデメリットとお勧めする商品のその理由をまとめてみましたが、参考になったでしょうか。

電気圧力鍋は1、2年で買い替えるような商品ではないので、新商品に飛びつくよりも、発売されてから少し経った後の使い勝手に関するレビューが多いものを購入することをお勧めします。

また、今回お勧めする商品は何れも保温機能付きでしたが、重要な機能なので購入する際には着目してください。

長く使う商品だからこそ、修理やパーツ交換といったサポート制も大切だよ。買い切りではなく、購入時には長く利用する上でのお手入れといった面にも注目してみてね。

コメント